TOSEI Real Estate Crowd

3 POINTS OF TOSEI REAL ESTATE CROWD「トーセイ不動産クラウドファンディング」を
オススメする、3つのポイント

トーセイは首都圏の不動産市場に存在する
膨大な中小不動産ストックをターゲットとしています。
トーセイ不動産クラウドでも同様の不動産を運用資産としてファンド組成いたします。

東京を中心とした首都圏エリア特化による
目利力と情報収集力

東京を中心とした首都圏は、世界主要都市の中でも経済規模が大きく、収益不動産のストック量、流動性の高さともに高い水準にあります。

トーセイでは創業以来、一貫して事業エリアを首都圏(東京を中心に神奈川、埼玉、千葉)に特化しており、エリア特性を把握した上で不動産の規模、用途ともに豊富なトラックレコードを積み重ね、東京を中心とした首都圏の不動産に対する目利力を培ってまいりました。

それに加え様々なコネクションを構築し、優良な不動産情報を収集するネットワークを持ち合わせており、トーセイ不動産クラウドでも首都圏の良好な不動産をもとにファンドを組成して参ります。

膨大なストックがある
中小不動産市場をターゲット

トーセイでは物件規模にして3~20億円の中小規模物件を中心に100億円を超えるような大規模物件までと幅広い不動産を取り扱っていますが、そのボリュームゾーンは10億円前後の中小不動産です。中小規模の中古物件はストックが膨大であるため、売買・賃貸ともに需要が比較的安定している反面、ある程度築年が経過している物件が多く、手間がかかることに加え目利力や再生ノウハウが必要となるため、大手企業は参入しづらく、当社の優位性が発揮されます。